相模原インプラント,審美歯科,矯正歯科/かねだ歯科診療室 相模原インプラントセンター

インプラント治療の流れ

トップページ >> インプラント治療の流れインプラントの治療計画あごの状態により必要となる手術

インプラント治療の流れ

1. 診察・治療計画

問診、触診、レントゲン写真、お口の中の写真等を参考にして、インプラントの治療計画を立てます。顎の骨の状態などにより様々なケースがありますので、しっかりとお話し合いをいたします。

もし、歯周病であれば同時に治療を行います。

 

2. インプラント埋入(1回法)

インプラント治療とは顎にインプラントを埋入します。場合によっては、手術は静脈内鎮静法とよばれる麻酔法を用いて、うとうとした状態でおこないますので、苦痛を感じることはありません。

術後は治癒期間として、3ヶ月〜半年間、インプラントが骨としっかり結合するのを待ちます。

※インプラントの種類によって手術には1回法、2回法があります。
2回法の場合、2の手術後にもう一度上部構造を取り付けるための準備として、手術を行います。


3. 人工歯の装着

インプラントによるしっかりとした土台ができたら、人工の歯をインプラントに装着し、治療は完了です。人工の歯はセラミックなどを使用した冠を使用しますので、審美的にも大変美しいものになります。

インプラントの治療計画

インプラントの治療期間は、よくある虫歯治療等とは違いどうしても治療期間がかかります。主な要因はインプラントと骨を結合させることに時間がかかるのです。状態のよい場合で半年程度、顎の状態によっては1年を超えるケースもあります。

ただし、その期間まったく歯がないわけでなく、仮歯などを装着できる場合もありますので、それほど不便を感じることはありません。

あごの状態により必要となる手術

顎の状態によってすぐにインプラントが植立できない場合があります。その場合、口腔外科手術により、顎の状態を整える必要があります。

サイナスリフト

顎の骨の上には「上顎洞」という空洞があり、歯が抜け落ちるとその空洞が広がってきます。するとインプラントが植立するための骨が不足するようになり、インプラントが植立できなくなります。

「サイナスリフト」という治療はその広がった上顎洞の部分に骨を補填する材料や、自分の違う場所の骨を採取した自家骨を補填し、インプラントが植立するための骨を再生する方法です。

GBR法

「骨再生誘導法(GBR)」は、歯槽骨の吸収によって骨の高さが足りなくなってしまい、インプラントが植立できない時に行う手術です。サイナスリフトと同様に骨補填材・自家骨を用いて骨を再生します。

△TOPに戻る